· 

【ペットの手作りごはん】気軽に始めてみませんか?

 

わが家の猫の皮膚アレルギーをきっかけに日々の食事を見直すようになり、数年前からキャットフード時々手作りごはんをあげています。

 

手作りごはんと聞くと"大変" "面倒"と思われるかもしれませんが、長く続けるコツは「気が向いたときに作る」だと思います。

 

毎日作るのは負担になってしまいますが、私は時間があるときに多めに作って冷凍しておいたり、自分の食事を作るときに”猫が好きな食材”があったら少し取っておいてあげるという事をしています。そのうち「あっコレ、この前喜んで食べたな。」といった、おもしろい発見があったりします。

 

鶏ガラや魚のアラのスープを製氷皿で冷凍。温めてカリカリにかけると好評。

 

また、キャットフードとの併用ですので、手作りごはんはそこまで神経質に栄養バランスを考えなくても大丈夫だと思います。(1つの食材を大量に与えるのはNG)

 

それよりも、「これは好きかな?これは食べるかな?」と猫が喜ぶ姿を思い浮かべながら作ってあげたほうが楽しいと思います。手作りごはんを猫が喜んで食べてくれる姿が「また作ろう!」という気持ちへとつながる気がします。

 

但し、ペットが食べると中毒を起こす危険なものもありますので十分に注意しましょう。

 

関連記事▶ペットに食べさせてはいけないNG食材。