ごあいさつ

はじめまして。ペットシッターしっぽヶ丘代表 布花原陽子(FukaharaYoko)です。私本人が、打ち合わせからお世話終了まで飼主さんとおうちの子のもとへ伺います。

 

1979年生まれ。埼玉県新座市出身。O型。現在は2頭の猫と暮らしています。コンプレックスだった小柄な体系は、今ではペット達と仲良くなりやすいという長所になりつつあります。

 

高校卒業後トリマーになる道を選んだのは、家の犬に噛みつき癖がありトリミングサロンを出入り禁止になったから...。自分でシャンプー・カットをしなくてはと思いトリミング専門学校に通いトリマーとなりました。

 

 

その後トリマー以外の仕事に就いたり、主婦になったりしてペット業界を離れていた時期もあるのですが、40歳を目前にしてペットシッターになろうと決めたのは、一緒に暮らしていた猫との別れがきっかけでした。

 

その猫が生きたのはたった4年でしたが、彼はとにかく毎日を全力で楽しんで生きていたように思います。ごはんの時も、日向ぼっこの時も、いたずらする時も。

 

一方「私は毎日を全力で生きていただろうか...?」と思ったとき、ごはんを食べて日向ぼっこするような当たり前の日常こそが大切なんだよと教えられたような気がしたのです。

 

ペットシッターという仕事は、飼主さんとおうちの子の大切な日常をお手伝いできる素晴らしい仕事だと実感しています。

   

ペットシッターとなった今、たくさんのおうちの子達とのご縁をいただき、お手伝いさせていただき、毎日を楽しく生きていることに感謝でいっぱいです。

 

 

ペットシッターしっぽヶ丘 代表 布花原陽子

 

・第一種動物取扱業責任者
・日本ペットシッター協会認定

・トリマー実務経験者

・SAE損害賠償保険加入店

 

 Click! 

質問してみる